大漁屋

漁場紹介

美味しい地魚が店舗に届くまでをご紹介いたします。

午前三時。
漁師たちを乗せた船が能登島東部に位置する鰀目(えのめ)漁港から出港します。

仕掛けてある定置網までは約10分ほど。
意外なほど近い海で、多種多様で美味しい魚が獲れます。

定置網に到着すると船員総出で協力し合い、網を起こしていきます。

こうして網に入った魚を仕掛けの奥へと追い込み、最後の「落とし」と言われる部分で魚を捕獲します。

追い詰めた魚をタモですくい、冷海水や魚種によっては神経〆めによって鮮度を保ちながら港へ運びます。

鰀目漁港へ水揚げされた魚は、一匹一匹丁寧に選別され、箱詰めされて市場へと出荷されます。

大漁屋へは鰀目漁港から直行で店主・坂本が運んでいます。

「獲れたての地魚をどうぞご賞味ください!」

鰀目大敷網の漁師たち
ページの上へ